美容整体ヒーリングスクウェア

お尻や太もものサイズダウン、ぽっこりお腹、ふくらはぎのムクミなど足痩せ専門サロン 顔のむくみ・たるみ、エラ取り、左右バランス調整など、小顔矯正にも対応

03-3707-3089 contact

よくあるご質問

Q:骨盤矯正って初めてだけど、痛くないの?

A:当院の矯正はボキボキしないソフトな整体です。具体的にはトリガーポイントと呼ばれる、筋肉を緩めるツボに

アイスパックという氷枕を当てて、縮んだ筋肉を緩め、骨格の位置を正しい所に戻すという独自の矯正法です。

大変安全な方法ですので、当院には小学生のお子様から、70歳以上の高齢の方まで来院されます。

 

Q:よその整体行ったら、週に2~3回は来るように言われたんだけど、そんなの無理

A:当院の患者さんの来店頻度は、平均的には1~2か月に1回くらいの方が多いです。

基本的に当院では1回の施術で出来ることはすべてやります。

ですから、次回来店のタイミングというのは、ズレてきたら、また直すという考えですので

一定の間隔を決めることは出来ません。

身体の不調が出てきた、見た目に姿勢が悪くなってきた、むくみがひどくなってきた…などが来店の目安です。

また、季節や仕事の忙しさなどでも歪みの出方は変わってきます。

とは言え、自分でなかなか来店頻度の目安がわからないという人は、

初診から数回は3~4週に1回くらいのペースが良いかもしれません。

その後体調が安定してきたら来店頻度をあけてゆけば良いと思われます。

 

Q:施術の時はどんな服装をすればいいの?

A:当院で着替えを用意してあります。スウェットの長ズボンとTシャツの類ですね。

ですので、仕事帰りにスーツのまま来店されても大丈夫です。

ご自身で着替えを用意される場合には、柔らかい服ならそのまま施術可能ですが、

素材によっては来店時に着替えをお願いする場合があります。

肌着については、ショーツなどは出来るだけ柔らかい物を着用してご来店下さい。

硬いガードル、矯正下着などですと、十分な矯正が出来ません。

場合によっては当院でご用意した紙ショーツへの着替えをお願いする場合もございます。

ブラは付けたままで構いませんが、背面がクロスしてるスポーツタイプだと、施術がしにくい場合も。

当院ではペーパーブラも用意してありますので、ご自由にお使い下さい。

 

Q:女性専門サロンですか?

A:いいえ、男性のお客様も歓迎です

 

Q:生理中だけど、施術は出来るの?

A:原則としては避けていただきたいです。

これはナプキンが骨盤矯正の妨げになる場合があるからです。

それでも、どうしても施術を受けたいという場合にはタンポン等に切り替えて下さい。

また生理用品や紙ショーツ等も当院にご用意してありますので、

ご自由にお使い下さい。

 

Q:食後と食前、どちらに行けばいい?

A:どちらでも大丈夫です。ただし、来店前にはお酒は飲まないで下さい。

アルコールを飲まれている場合には、施術をお断りするケースもあります。

また初回の施術後はアルコールはお控え下さい。

血行が良くなっているので、普段より酔いやすくなっております。

 

Q:風邪気味なんだけど、行っても大丈夫かな?

A:原則としてはご遠慮下さい。整体で血行が良くなると、かえって発熱がひどくなる場合もあります。

また以下の条件に当てはまる方は基本的には施術が出来ません。

・骨折など外傷がある方

・手術をしたばかりの方

・ガン治療中の方

・感染症治療中の方

・妊娠中の方

・骨粗しょう症の方

・脳梗塞、心筋梗塞、重度の高血圧などの循環器系疾患をお持ちの方

病院等に通院されてる方はまずドクターにご相談を その上で許可が出れば施術OKです

 

Q:産後の骨盤矯正をしたいんだけど、施術のタイミングって産後どれくらいから?

A:早い人では産後1週間でいらした方もいらっしゃいます。

ただし帝王切開を受けた方は、手術の傷が塞がるまで不可です。

自然分娩の方の場合は、産後の来店制限というのは特にありません。

(ただし会陰切開された場合には手術と同じですので、傷が治るまでは不可です)

 

基本的には、1~2時間、ベッドにうつ伏せ、仰向けになれるようでしたら、大丈夫です。

不安な場合にはかかりつけのお医者さんに相談してGOサインが出てから

というのが無難でしょうね。

 

Q:O脚は治せないの?

A:結論から言うと直せるケース、直せないケースがあります。

成長期が終わり、大人になってから発生したO脚なら改善の可能性は高いです。

しかし、小中学生の頃、成長期の途中ですでにO脚だったケースですと、骨自体の形成の問題もあるので、

整体の効果は限定的かもしれません。一度試してみないとわからないというのが正直なところです。

 

Today